Webデザインにも国家資格があるのをご存知ですか

Webデザインの能力がどれだけあるかは、資格によって証明することができます。日本には国家資格を始めとして、民間資格にもいくつかの有力なものがあるので、専門学校に通うなりして取得しておくのがいいでしょう。「Webデザイン技能検定試験」は、数あるWebデザイン系の資格の中でも最も注目されているものです。その理由は、唯一の国家試験だからです。

厚生労働省によって主催されており、その名前は多くの企業に知られています。国家資格があると、履歴書にも書きやすいですし、就職をするのには大きな武器になるはずです。1級から3級まであって、まずは3級から受けるのが普通です。1級と2級は実務経験や、3級合格の実績が求められるからです。

1級は非常にレベルが高いですし、まずはここを目標にして日々を過ごすといいかもしれません。1級に合格ができるなら、IT業界で好きなだけ転職もできるようになるはずです。これからのWebデザインは、HTML5を中心として発展していくと考えられています。したがって、HTML5プロフェッショナル認定資格を取得しておくのもいいでしょう。

HTML5は、スマホとも相性が非常にいいです。動画の再生もできますし、ゲームも作ることができます。WEB上で様々なアクションが起こせる言語なので、学んでおく必要があります。自分の力がどの程度あるか試してみるために、こうした資格を利用してみてはいかがでしょうか。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*