自宅にサーバーを構築することができる

一般的にサーバーといえば、専門の業者からレンタルするイメージが強くなっています。実際には自宅でもサーバーを構築することが可能です。自宅用としてよく使われているのが、ウェブ用とファイル用です。ウェブはサイトやブログの閲覧でよく利用されています。

閲覧したい人が訪れると、ウェブサイトやブログのページを表示してくれます。ファイルは画像や文書といったデータを管理するのに使われます。自宅でパソコンを利用中であれば、あまり必要性を感じられないものの、パソコンから遠く離れた場所にいるときに効果を発揮します。例えば、外で必要なファイルを使いたかったり、閲覧したい場合などです。

自宅のパソコンに目的のファイルを保存していると、外出先で見ることができないのが一般的な使い方です。しかし、自宅にサーバーを構築し、そこに管理したいファイルを置いておけば、外出先からでもインターネットを使えるデバイスさえ持っていれば、簡単に取り出したり、確認できるようになります。外出先から自宅のサーバーに接続する際、セキュリティ上の危険が増すのが怖いところですが、VPNという機能を使えば暗号化して通信ができますので、安全に使えます。第三者が侵入を試みたとしても、暗号化されているため、内容がわからないようになっています。

この機能があるおかげで、重要なファイルでも取り出すことができます。世界的に普及しているWindowsパソコンでも、VPN機能を簡単に構築可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*