サーバーとしてLinuxを選ぶ

サーバーOSとしてはWindowsがよく利用されますが、Linuxも利用されるようになってきました。Linuxが採用される理由としては主に3点ありあります。1つは手軽であることです。オープンソースであり、サーバーOSとしてイメージがすぐに落としてインストールできます。

ハードウエアをあまり選ばずに動きますので使いやすいです。また、管理面でもWebから管理できるツールがあったり、各種のドキュメントも多数あることからすぐに設定、運用できることもメリットです。また、無料で配布されていることも魅力の一つです。2つ目は軽いことです。

多くのディストリビューションがありますが、軽量に作られていることが多く、サーバーのリソースをしっかり使える構成となっています。3つめは相互利用が可能なことです。Windowsクライアントが多い環境であってもユーザー管理やリソース共有にすぐに対応できます。利点の多いLinuxですが、Windowsサーバーとの一番の違いはライセンスにあるとも言われています。

Linuxの場合は有料のディストリビューションもありますが、接続数に制限はありません。対してWindowsの場合は同時接続数などWindowsに接続する数によってライセンスが大きく変わります。サポートも合わせて提供されるので企業にとっては問題ない場合もありますが、コストを重視する場合は大きなハンデとなり、Linuxが選ばれる理由となっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*