ベビーシッターと保育士の違いについて

ベビーシッターと保育士の違いについて


ベビーシッターの仕事は、個人の家や民間の託児所、企業などで、子どもの保育や世話をおこなうことが中心です。
一緒に遊ぶこともしますが、トイレや食事、入浴の手伝いなどをしたり、本の読み聞かせや勉強のサポートをすることもあります。場合によっては、子どもの身の回りの世話だけでなく、保育園への送迎や、家事代行サービスを担うこともあり、詳細な点については、契約内容によって異なります。

保育士と同じなのかと勘違いする人がいますが、その違いについて理解しておきましょう。

ベビーシッターの資格としては、認定ベビーシッターというものがありますが、国家資格ではないので、この資格がなければ仕事ができないわけではありません。



資格を所有していなくても、各々の会社の採用条件を満たしていれば、ベビーシッターとして働くことができます。その点、保育士は国家資格なので、働くためには無くてはならないものです。


また、働く場所は保育園や児童養護施設を中心に、保育関係の施設で働くケースがほとんどです。



他にも労働環境に違いがあると言えるでしょう。ベビーシッターは、基本的に自分一人で仕事をおこなうことになります。
そのため、同僚や先輩などといった職務上の人間関係は希薄と言えるでしょう。ただし、一対一で子どもと関わる場合が多いので、子どもや保護者とは深い信頼関係を築く必要があります。



保育士は施設で働くことが多いので、その場合、複数の保育士が勤務しています。

皆で連携しながら、施設運営をしていく必要があり、また栄養士や看護師など、保育士以外の人との関わりもあるので、業務は複雑になると言えます。保育士の他にも、子どもと関わる似た職種としては、幼稚園教諭やチャイルドマインダーなどがありますので、それぞれの仕事内容や、働き方を考えて希望の職種を選ぶ必要があります。


Copyright (C) 2017 ベビーシッターと保育士の違いについて All Rights Reserved.